お湯がいらないお風呂。岩盤浴の良さとは?

岩盤浴って何ですか?

岩盤浴とは、岩石や天然石を加工してあるベッドを温めた上で寝そべって汗をかくというサウナのようなものです。また体の様々な症状が和らぐ温熱療法としても有名です。発汗作用や血行促進効果があり、細胞の活性化が期待される療法でもあります。また、いやし効果もあるとされているので、普段の疲れた体を癒やすのにはピッタリと言えますね。入浴後の肌はしっとりすべすべで体に不調のある人のみならず美容に気を使う人にも、ダイエット効果があるということで大変人気の岩盤浴なのです。

岩盤浴の歴史はいつから?

岩盤浴はもともと秋田県の玉川温泉から日本に広がったものだそうです。玉川温泉の山肌にある、北投石という石が地表に現れている岩場がありました。その岩場は地熱で温まっており、ここを訪れた人たちがこの上に敷物を敷いてくつろいでいた所様々な症状が和らいだと言うことです。それが秋田県では伝統的な温熱治療になったということだそうですよ。温熱浴というお湯に浸からない温熱法というわけです。もっと古い歴史だと中国では紀元前から似たような石を使った治療があったそうですよ!

岩盤浴の楽しみ方は?

岩盤の上にタオルなどの敷物を敷いて、その上にうつ伏せ・仰向けを交互に数十分間横たわります。こうすると万遍なく身体が温まるのでオススメですよ。その間リラックスして深い呼吸をしたりすると温熱効果が一層高まります。なお、大量の発汗効果があるので、事前の水分補給・途中休憩などしっかりと行いましょう!循環器系統に障害を持つ人は医師に相談したほうが良いとされています。体調に合わせて無理のないように気をつけながら岩盤浴を楽しみたいですね。

心身の疲れを回復させたいなら、岩盤浴が最適です。岩盤浴を浦和で見つけたいなら、希望の所在地や料金を明確にして探しましょう。

Comments are closed.